最新情報Information

  • すべて
  • お寺からのお知らせ
  • お寺の行事
  • 今日の法話
  • 釋紗音の手書き新聞
  • 教化団体からのお知らせ

今日の法話2022/04/11

この一瞬の気持ちを大切に!

『明日ありと 思う心の あだ桜 夜半(よわ)に嵐の 吹かぬものかは』
(親鸞聖人)
9歳で得度された親鸞聖人が、慈円和尚から、「夜遅いからと明日にしてはどうか」と言われ際、返した歌だと言われています。
美しい桜も明日あるとは限りません。
一夜のうちに嵐で散ってしまうかもしれません。
明日でいいと思い、先延ばしにし、その機を逃してしまうこともあります。
今、この一瞬の気持ちを大切にいたしましょう。